成年後見制度ご利用のご案内

成年後見制度ご利用のご案内

認知症の父名義の不動産を売却して、父が入所している施設費用の支払に充てたいのですが、本人が契約することができません。(60歳男性)

認知症の母名義の預金を解約し、介護型有料老人ホーム入所するための一時金の支払をしたいのですが、本人の意思確認ができないので解約できませんでした。(70歳女性)

父が亡くなり、父名義の自宅不動産や預金の相続手続きをしたいのですが、母が認知症のため遺産分割協議ができずに困っています。(55歳女性)

母の姉が亡くなりましたが財産はなく、多額の借金があったことがわかりました。姉には子供はなく両親も他界しており、母が相続人になりましたが、母は認知症で相続放棄の手続きができず困っています。(65歳男性)

  

 

このようなご相談が増えています

成年後見制度は選任された後見人がご本人に代わって、ご本人の利益を保護しながら財産の管理処分や法律行為を行う制度です。

 

 高齢化社会。医療の発達と共に、日本人の寿命は延びました。年老いていくご両親について、似たような悩みや問題を抱えていらっしゃる方は多いと思います。 

 いずれの場合も家庭裁判所へ後見開始審判の申立をし、ご家族などが法定後見人となることによってスムーズに問題を解決できる可能性があります。

 ご本人の能力の程度に応じて、成年後見以外にも補助、保佐の2種類の法定後見制度があります。お話を伺い、最もふさわしいと思われる方法をご提案します。

 

かわいい 当事務所では各後見開始の審判申立書の作成及びその後の手続のご相談を承っております。 かわいい

 

 

成年後見開始申立費用について

成年後見開始申立費用について

かわいい 当事務所手数料

◆相談料(1時間) 5,000円 *ご依頼いただいた場合不要です

◆申立書作成料 70,000円〜(必要書類取寄せ代行手数料を含みます)(財産や事案の内容によって異なります)

*裁判所での面接に同行した場合日当20,000円が加算となります

 

かわいい 申立実費(さいたま地方裁判所 川越支部の場合)

印紙代 800円

登記費用 2,600円

郵便切手代 3,750円(成年後見) *保佐・補助は4,750円

診断料 3,000円〜10,000円程度(医師によって異なります) 

鑑定料 *必要な場合のみ 50,000〜100,000円程度(医師によって異なります)

 

成年後見申立費用のめやす

 

・管轄はさいたま地方裁判所川越支部 

・被後見人の財産は自宅不動産(土地・建物 評価額合計1,500万円)と銀行2行の普通・定期預金合計約300万円

・親族が後見人候補者となり、司法書士の面接同行有り

・診断書作成料は5,000円・戸籍謄本等取得及び通信費等の実費は5,000円・鑑定は不要となった場合とする

 

合計    107,150円 *消費税別

  

 

 当事務所報酬*消費税別 登録免許税・印紙代など実費
成年後見申立書

70,000

 
日当

20,000

 
印紙代   800
成年後見登記費用  

2,600

切手代   3,750
診断書  

5,000

戸籍謄本等取得実費  

5,000

      計

90,000

17,150

相談者の声

相談者の声

当事務所に依頼された相談者の声を掲載しました。

 

Tさん(埼玉県川越市・60歳)

 成年後見、相続放棄といった、自分たちには縁がないと思っていた問題がふりかかってきた時は、どうしてよいのかわからず悩みましたが、とにかく相談をと思い、インターネットで中山先生の事務所を見つけました。

 早速ご相談に伺ったところ、事情を察し、これから先どのような手続きが必要かを丁寧にわかりやすく説明いただき、すぐに業務を引き受けて下さいました。

 こまめに連絡をいただき、手続きの経過もはっきりしていて、安心して結果を待つことができました。費用のほうも良心的で、短い期間で問題を解決でき、今は心穏やかに暮らしております。

 中山先生、担当していただいた事務員さん、心の底から感謝しております。ありがとうございました。